BLOG-ブログ

はりきゅう喜楽堂(きらくどう)

【十干十二支(じゅっかんじゅうにし) 】 東洋医学編

つづきです。

【十干十二支(じゅっかんじゅうにし) 】
中国では、古い時代から【方位】や【時刻】を十二支で表わしていたのです。

【方位】
真北を「子(シ/ね)」、真南を「午(ゴ/うま)」と呼び
子午線とは「子」と「午」の方角、つまり真北と真南を結んだ線。
これが、子午線。

【時刻】
一日24時間を12等分し十二支に対応させていたのです。
丑三つ時。とかいいますよね。
午前→午(うま)より前
午後→午(うま)より後
ここからは、東洋医学を絡めて

【子午流注(しごるちゅう)】というものがあります。
「子午」は、時刻。
「流注」は、人体の十二臓腑(十二経脈)の気血運行の流れ。
子午流注は一日24時間の臓腑気血の運行リズムを現したもの。

※十二臓腑
六臓(肝・心・脾・肺・腎・心包)
六腑(胆・小腸・胃・大腸・三焦)

・各臓腑が活動しやすいようにする→養生法
例:1~3時は睡眠→全身の血が肝に戻り、解毒など行い血を新鮮な状態にするから

・異変が起こる時間から該当臓腑を見つける
例:夜中の1~3時に目が覚める→肝

・配当されている臓腑を治療
など。。

治療や養生法はまだまだあるのですが。。
ひとまず終了!

ほな、また。。


はりきゅう喜楽堂(きらくどう)

西中島南方駅前 北改札口すぐ/南方駅徒歩3分

大阪市淀川区西中島4丁目2-26 天神第一ビル1F 3A
予約電話 06-6304-8485

月~金曜日▶10:00~19:00(予約受付時間 18:00迄)

※土日祝休業
お一人づつパーソナルで行っています。

予防医学。予防鍼。腰痛緩和。肩こり解消。
イキイキと輝いた
あなたらしいロングライフを守りたい
笑顔をふやす
はりきゅう喜楽堂

関連記事

  1. メルカリで入手したこのテキスト
PAGE TOP