BLOG-ブログ

訳の分からないものってイメージもありますが、養生法も絡めると東洋医学面白いでしょ??

台風16号、温帯低気圧になりました。
台風一過で、スッキリと秋晴れとはいきませんが
気温は下がり、昨日の風で木の葉も。

さて、
東洋医学では季節が5つに分けられています。
春(肝)
夏(心)
長夏(脾)
秋(肺)
冬(腎)
それぞれの季節に病みやすい臓が振り分けられています。

通常、日本では長夏(脾)を梅雨時期と考えるですが
今年は、梅雨時期も短く秋の長雨。。
この時期が、長夏なのでは?って思ったりして。
なので、今回は2つ紹介します。

長夏(脾)
(脾)は、湿気を嫌います。少し乾燥している方が元気に活動出来るのです。
近頃のように湿気が多くなると弱ってしまいます。
たとえば、カラダが重だるい。浮腫む。お腹が張る。やる気が起こらない。。など
もともと、カラダの外からの湿気でこの様な状態なのに、
カラダの中でも上手く処理できず、負の連鎖が起こってしまいます。
弱らせないために、
なるべくカラダを動かして中にたまった余分な水分を出して乾燥したものを身に着けるとか

さて本来の季節、秋(肺)。最近は、随分と短く感じますが。
こちらは逆に、乾燥を嫌う。少し湿気がある方が元気。。
そしてこの(肺)、
カラダの外にバリアを張り巡らしている大元と考えられているのです。
このバリアが弱ってしまうと、カゼ引いたりします。
なのでバリアの代わりに秋風が吹き始めたら、無理せず早めに一枚羽織る。

この季節を上手に乗り越えると、カゼを引きにくい。

訳の分からないものってイメージもありますが、
養生法も絡めると東洋医学面白いでしょ??

明日は、秋分の日。
お仕事の人もお休みの人も
良い一日を

ありがとう。
ほな、また。。


はりきゅう喜楽堂(きらくどう)

西中島南方駅前 北改札口すぐ/南方駅徒歩3分

大阪市淀川区西中島4丁目2-26 天神第一ビル1F 3A
予約電話 06-6304-8485

月~金曜日▶09:00~18:00(予約受付時間 17:00迄)土曜日▶︎09:00~17:00(予約受付時間 16:00迄)

※日祝休業
お一人づつパーソナルで行っています。

予防医学。予防鍼。腰痛緩和。肩こり解消。
イキイキと輝いた
あなたらしいロングライフを守りたい
笑顔をふやす
はりきゅう喜楽堂

関連記事

  1. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
  2. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
  3. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
PAGE TOP