BLOG-ブログ

はりきゅう喜楽堂(きらくどう)

もうすぐ体育の日ってことで【ストレッチング】について その1

朝夕、随分過ごしやすくなりましたね。
日中の気温との差があって、着るものに気を使いますね。
おしゃれを楽しむには、よい季節なのでしょうね。
そちらには疎いのですが。。

さて、
スポーツの秋。
この週末、運動会や体育祭の行われるところも多いのでは?
少々、お天気が心配ですが。。
学生の皆さんは、日頃の成果を
人生経験を積まれた方々は、若かりし頃と現在とのギャップを

どちらも、準備体操とアフターケア
しっかりとしましょうね!
特に、この週末は気温が下がるみたいですから
普段運動をあまり行っていない方は特に!
まずは予防。よぼう。ヨボウ。

今回は、準備体操の中の【ストレッチング】について

☆ストレッチングとは?

◇ストレッチ
「あるものを伸ばすこと」を指す。
◇ストレッチング
スポーツの現場などにおいて、筋や腱などを「伸長する」ことで、身体の柔軟性を高め、
それにより得られる様々な反応を獲得するための行為を意味する。

☆ストレッチングの効果
筋肉だけでなく腱や靭帯、関節包、筋膜、皮膚、神経など、骨を除く組織の柔軟性の維持・向上
これに伴って、関節の動く範囲(関節可動域)の改善とか維持ができたり、

外傷・障害発生の予防とか、
※外傷・・・一度の強力な力により発生するもの
(骨折・肉離れ・捻挫・打撲・靭帯損傷など)
※障害・・・動作の繰り返しによるストレスが原因で発生するもの
(疲労骨折・シンスプリント・オスグット病・ジャンパー膝など)

ストレッチングを行うことで、血行が促進され、疲労回復を早めたり

また、筋肉が短く硬くなって疼痛がある場合、
ストレッチングによって、疼痛が緩和することもあるし

ストレッチングによって筋緊張が緩和されて
さらに副交感神経が優位になり、リラックス効果が得られたりします。

特に高齢者など、運動量の少ない人では筋量が減少するため、
ストレッチングにより筋萎縮を抑制する。

☆ストレッチングの種類

・目的とする筋をゆっくりと一定時間(15-30秒)伸長する方法。(スタティックストレッチング)
積極的に筋肉を「伸ばしていく」というよりは、「伸びるのを待つ」ような感覚で行うと良い感じです

・反動をつけて強制的に筋を緊張させる方法。(バリスティックストレッチング)
伸張反射を友好的に引き出すことを特徴とし、ウォーミングアップなどに用いられる。
不適切に用いると筋線維損傷の可能性が高まるだけではなく、筋出力を低下させることもあるので注意する。
反動をつけ弾むような動作で筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。
ラジオ体操も。

・相反神経支配を利用した方法。(ダイナミックストレッチング)
対象とする筋の拮抗筋を収縮させることで、反射的な弛緩作用を導き出し、柔軟性を高める方法。
近年ではスポーツ現場において、ウォーミングアップの場面で良く用いられている。

まずは、ここまで。。
明日に続く。。

翌日以降の筋肉痛については以前の記事 → こちら

ありがとう。
ほな、また。。


はりきゅう喜楽堂(きらくどう)

西中島南方駅前 北改札口すぐ/南方駅徒歩3分

大阪市淀川区西中島4丁目2-26 天神第一ビル1F 3A
予約電話 06-6304-8485

火~金曜日▶10:00~18:00(予約受付時間 18:00迄)土曜日▶︎10:00~17:00(予約受付時間 17:00迄)

※月日祝休業
お一人づつパーソナルで行っています。

予防医学。予防鍼。腰痛緩和。肩こり解消。
イキイキと輝いた
あなたらしいロングライフを守りたい
笑顔をふやす
はりきゅう喜楽堂

関連記事

  1. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
  2. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
PAGE TOP