BLOG-ブログ

はりきゅう喜楽堂(きらくどう)

1月の最終日。暦絡みで節分のお話です。

少し寒さが和らいだ感じですね。
このまま春にはならないんだろうな。。

気が付けば、
もう1月も終わるのですね。
早いっ!

さて、暦絡みで節分のお話です。

節分とは「季節を分ける」という意味合いがあり、
立春、立夏、立秋、立冬の前日を指しています。
そして昔の暦では、立春が一年の境目とされていました。
(なので、この日を境に干支が変わるのです。)

あと、
節分の日は、立春の次の日ですからね。
日付は関係ないですからね。

鬼は外!福は内!!
鬼、おに、オニ

最近の鬼と言えば

鬼ちゃん

でも本当は、
牛の角(つの)、虎の牙(きば)と爪(つめ)を持ち、虎の皮の腰巻を巻ている。

何故このようになったのかと調べてみると、
平安時代まで遡るのです。

この時代の中心である京都から見て鬼門の方角が、北東。
方角を十二支にあてると、北東は丑寅(うしとら=牛、虎)
牛と虎の間にあることから想像された姿。
なので、
上(頭)に牛の角、虎の牙と爪、虎の皮の腹巻ってことになったのです。
そして、
丑寅(午前1時から5時まで)の刻に出現すると考えられていました。

こんな風に、色々と暦との関わりがあるのですね。
凄い想像力。

お仕事の人もお休みの人も
笑顔の多い日に。

ありがとう。
ほな、また。。


はりきゅう喜楽堂(きらくどう)

西中島南方駅前 北改札口すぐ/南方駅徒歩3分

大阪市淀川区西中島4丁目2-26 天神第一ビル1F 3A
予約電話 06-6304-8485

月~金曜日▶09:00~18:00(予約受付時間 17:00迄)土曜日▶︎09:00~17:00(予約受付時間 16:00迄)

※日祝休業
お一人づつパーソナルで行っています。

予防医学。予防鍼。腰痛緩和。肩こり解消。
イキイキと輝いた
あなたらしいロングライフを守りたい
笑顔をふやす
はりきゅう喜楽堂

関連記事

  1. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
  2. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
  3. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
PAGE TOP