BLOG-ブログ

【頭痛と鍼灸(はりきゅう)】頭痛だからといって、頭に鍼するわけじゃありません。

昨日は27℃、今日は21℃
一雨ごとに気温が下がるのは知っています。
しかし、
1日でこんなに違うとカラダがついてこない。。
そして、台風の影響で気圧の変動があり
カラダがだるい。頭が痛い。。
こんな事ないですか?

今回は
【頭痛と鍼灸(はりきゅう)】

まず、
〈頭痛の種類〉
1.日常に起こる頭痛   風邪・二日酔い
2.脳の病気が原因の頭痛    くも膜下出血、髄膜炎、 慢性硬膜下血腫、脳出血
3.慢性(反復性)頭痛

①緊張型頭痛
 長時間のデスクワークなどによる頭部の筋肉の緊張や、精神的ストレスで起こる。頭全体が、ギューッと締め付けられるように痛む。
②片頭痛
 頭の片側、ときに両側に、ズキンズキンという痛みが起こる。
 吐き気がしたり、光をまぶしく感じたり、音に敏感になる。
 女性に多い。
③群発頭痛
  1年のうちのきまった時期、毎日きまった時間帯(明け方が多い)に、
  ズキンズキンという、目をえぐられるような激しい痛みがおこる。

〈危険な頭痛〉
頭痛は、脳の重大な病気のサインのことがあります。
以下のようなときには、救急車を呼ぶなど早急に医療機関を受診することが勧められます。

(1)突然起こる激しい頭痛
(2)発熱を伴う強い頭痛
(3)手足のマヒ、めまい、ボケなど 随伴症状のある頭痛
(4)だんだん強くなる頭痛
詳しくはこちら → 頭痛ー臨床内科医会
(参考文献)

慢性頭痛には
”小まめな休憩。適度な運動。ストレス解消” が、重要。

さて、
鍼灸(はりきゅう)治療です。

問診で、
痛みの性質、(ズキズキ・ギュウギュウ・刺すようななど)
痛みの部位、(前・後・横・左右など)
誘発要因、(痛くなる原因:雨の前・アルコール摂取後など)
寛解因子、(ましになること:お風呂等で温める、安静など)
これらを詳しく、聞きます。

何故なら、
痛みの部位で使用経絡を
痛みの種類で使用するツボ(経穴)を
絞り込むためです。

「ようわからんわっ」っていわずに
教えてくださいね。
経絡(けいらく)は、手足から頭、頭から手足に通っていますので
頭の経穴(けいけつ)だけを使う必要はないのです。

なので、ほとんどの場合
鍼を刺すのは、手や足です。

特に、拍動性(偏頭痛など)頭痛は、局所の血流アップで
痛みが激しくなってしまいますから
頸や頭には刺しません。

緊張型頭痛などには局所の血流アップのために
頸のツボ(経穴)を合わせて使ったりもします。

頭痛だからといって、頭に鍼するわけじゃありません。
ご安心を。

台風、あまり暴れないで。
情報収集、怠りなく。
ありがとう。

ほな、また。。


はりきゅう喜楽堂(きらくどう)

西中島南方駅前 北改札口すぐ/南方駅徒歩3分

大阪市淀川区西中島4丁目2-26 天神第一ビル1F 3A
予約電話 06-6304-8485

月~金曜日▶09:00~18:00(予約受付時間 17:00迄)土曜日▶︎09:00~17:00(予約受付時間 16:00迄)

※日祝休業
お一人づつパーソナルで行っています。

予防医学。予防鍼。腰痛緩和。肩こり解消。
イキイキと輝いた
あなたらしいロングライフを守りたい
笑顔をふやす
はりきゅう喜楽堂

関連記事

  1. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
  2. 肩コリの原因とされる筋群
  3. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
  4. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
PAGE TOP