BLOG-ブログ

腰痛、肩こり、目の疲れ、下痢便秘などなど。【鍼灸を受けてみよう】と思ったら知っておいて欲しいこと。

もしかしたら

劇的な改善例ばかりを聞いていて、

「鍼をすれば一発で症状が消える」とか

「魔法のような劇的変化を出すことが鍼灸の存在価値」だと

思っていませんか?

そんな場合、

1回の施術で痛みが半分になった程度では、期待外れとなることがあります。

ご注意ください。

さて、

それでも受けてみようと思われた、

あなたに、知っておいて欲しいこと。


<来院前>

1.鍼灸治療はコミュニケーション医療であるということ

2.病名や診断名よりあなたの訴えを優先すること

3.施術の結果をフィードバックして次に役立てていること

<来院時>

・初回   : 症状をできるだけ詳しく教えてください。

・2回目以降: 前回の施術で感じた変化を詳しく教えてください。

        変化がわからなかった時は、それを正直に教えてください。

それでは、

なぜこれらを知っておいて欲しいのか説明していきます。

1.鍼灸治療はコミュニケーション医療であるということ

まず、

鍼灸は、検査結果の数字を見ながら行うものではありません。

ですから、

「症状は伝えたから、あとは適当にやって」という方には向きません。

それは、

どこが、どんなふうに「痛い」のか、「つらい」のかというのは

あなたにしか、わからないことだからです。

そこで

それらをあなたと共有し、

解消するために最適な対処法を見つける。

それには、

コミュニケーションが欠かせません。

2.病名や診断名よりあなたの訴えを優先すること

たとえば検査で異常がなくても、

あなたが「つらい」と言えば、何とかする方法を探します。

あなたの訴えが全てだからです。

なぜなら

あなたの訴えを大切にするのが鍼灸であり、鍼灸師だからです。

具体的には

問診や、触診や、動作チェック等を行い

できるだけ特徴を集めようとします。

特徴がわかれば、

訴えを解消するために最適な対処法に近づくことができるからです。

ここでも先ほどのコミュニケーションが重要になります。

3.施術結果をフィードバックして次に役立てていること

治療は、結果をフィードバックしながら行っていきます。

これは、鍼を打つ前と後の変化が、治療効果と大きく関わるからです。

たとえば、私が

「どこに、何のためにやったのかを覚えていない」というのでは、

フィードバックすることができません。

これと同じように、

あなたが

「前との違いを覚えていない」では困ります。

<来院時>

・初回  

症状をできるだけ詳しく教えてください。

これは、最適な対処法を見つけるのに重要なのです。

・2回目以降

ご自身の体をよく観察して、気がついたことを詳しく教えてください。

これは、治療の精度を上げるのに重要なことなのです。

あなたの感想を手がかりにしながら、

・効果があった時     → 治療方針を変えません

・効果が少しであった時  → さらによい治療方針を探します

・効果が全くわからない時 → 治療方針を変えます

ですから、もし

効果があったのに

「前と症状が同じです」と答えられてしまうと、

治療方針を変えるため、効果のない治療に変わってしまうかもしれません。

あるいは、

効果がないのに「よく効きました」と答えられてしまうと、

効果のない治療をそのまま続けてしまいます。

繰り返しになりますが

ご自身の体をよく観察して、気がついたことを詳しく教えてください。


あなたの訴えに対して

症状が改善したからと言って、手抜きをすることはありません。

症状が軽くなれば、症状が二度と出ないように最善の予防策を打ちます。

なので、

正直に答えてください。




ありがとうございます。



ほな、また。。



予防医学。予防鍼。腰痛緩和。肩こり解消。
イキイキと輝いた
あなたらしいロングライフを守りたい
笑顔をふやす
はりきゅう喜楽堂

西中島南方駅前 北改札口すぐ/南方駅徒歩3分

大阪市淀川区西中島4丁目2-26 天神第一ビル1F 3A
予約電話 06-6304-8485

月~金曜日▶09:00~18:00(予約受付時間 17:00迄)土曜日▶︎09:00~17:00(予約受付時間 16:00迄)

※日祝休業
お一人づつパーソナルで行っています。

関連記事

  1. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
  2. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
PAGE TOP