BLOG-ブログ

鍼灸では「あー、そういえば…」は、重要なヒント

「この痛み、不調どうにかして!」って来院したのですから

『痛い、不調』に関係があることは、すぐに思い出せます。

たとえば、腰が『痛い、不調』な人は、

・重いものを持った

・ひねった

・何もしてない

とか、

これは、腰が痛い人に限らず

肩、首、腕…。。

どこの痛みや不調でもそうです。

でも

『痛い、不調』とは関係ないと思っていることは思い出しにくいものです。

当たり前のことです。

関係ないと思っていますからね。

でも、色々聞いていくと

「あー、そういえば…」

って、ことが出てきます。

↓私の心の声↓

「きたー!それやん、きっかけ!」

それを知った時、何を考えているのか?

それは、

「…」のところが、「風邪引いた」だとすると

”呼吸、浅くなってたんちゃうかな?

咳が多かったとすると、

腹筋の緊張高まって腹筋が働きにくくなってるかな?

いつもより、背中が丸くなりやすいし

肩甲骨周り、鎖骨、背骨とか、働きにくくなってないかな?”

とか、考えるているわけです。

そして、その他の問診や、触診や、動きの確認や色々合わせて

”これのせいで、ここ(痛いところや不調)に負担がきたんやないか” に

なるわけです。

そして、ツボを選んで施術していきます。

痛いところや不調にだけ目を向けていると気付かないことも

色々と共有していくことで、見えることが多くあります。

それが、一番の近道です。




ありがとうございます。



ほな、また。。



予防医学。予防鍼。腰痛緩和。肩こり解消。
イキイキと輝いた
あなたらしいロングライフを守りたい
笑顔をふやす
はりきゅう喜楽堂

西中島南方駅前 北改札口すぐ/南方駅徒歩3分

大阪市淀川区西中島4丁目2-26 天神第一ビル1F 3A
予約電話 06-6304-8485

月~金曜日▶09:00~18:00(予約受付時間 17:00迄)土曜日▶︎09:00~17:00(予約受付時間 16:00迄)

※日祝休業
お一人づつパーソナルで行っています。

関連記事

  1. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
  2. はりきゅう喜楽堂(きらくどう)
PAGE TOP